アコギ中心の生活

日々考察する音楽や楽器のことなどブツブツ。

ZOOM "AC-2" レビュー!!アコースティック用プリアンプ

ピックアップを通したラインの音を いかに生に近づけるか!

な試行錯誤の日々。また気になる新製品が 高品質!低価格すぎる!でお馴染みのZOOMさんからリリース!!!

 

その名は AC-2

 

f:id:musicmagic:20170703154324j:plain

 

まず 動画を!!

 


AC-2 Acoustic Creator (字幕付き)

 

ね、なかなか良い感じでしょ!?

 

 

 

FishmanのSpectrum D.Iと似たコンセプトです。しかし、Spectrum D.Iにはなかったリバーブもブーストも付いています。それで価格は比べ物にならんくらい安い!!

では、どんなもんかサラッと紹介!!

 

①アコースティック・リモデリング

 

ボディの材質、形状、構造によって異なるアコースティックギターの音響特性をシミュレートした、16種類のソースギター・プリセットを内蔵。ドレッドノート、ラウンドショルダー、オーケストラ、12弦ギター、ナイロンギター、アップライトベースなど、使用するギターに合わせてプリセットを選び、ピックアップの種類(ピエゾ/マグネティック)を選択することにより、ギター本来のナチュラルなトーンを再現。

アコースティック楽器の美しく豊かな響きを、ライブステージのPAスピーカーから鳴らすことが可能です。

 

 

つまり、ラインのペチペチした音を、そのギターの形状に合わせて「本来こんな音だったんでしょ〜?」って感じで 生に寄せてくれる感じです。

 

これ試してみましたが、なかなか使えます。

ライン臭は簡単に消せます。

 

ここで、FishmanのSpectrum D.Iとの違いが。

Spectrum D.Iは、ピックアップだけの音とAuraサウンド(モデリングの音)を任意の割合で調整していくものでした。

これによりピエゾの芯を残したバンド向けのセッティングにしたりハウリングに対応したりと自由さはありました。

今回のAC-2は、そういう操作は出来ません。

下記の中から自分のギターに近いものを選ぶ。それっぽい音が出る。とういだけです。

f:id:musicmagic:20170703161830p:plain

でも、これで十分です(笑)

先に簡単に言いますと、こいつは「ライブユーザー向け!!!」です。見た目も操作性もシンプル。

できることもシンプル。これがライブ現場ではかなり大事!

色々できることがあったら、妥協点を見つけれず時間的にも精神的にもよくない!!

 

マニアックな使い方をしたければ、下記の機能を使い、、、、

f:id:musicmagic:20170703162300p:plain

 

 分かる?

BALANCEDのアウト(キャノンの形状の)からはPREの音(AC-2を通ってない生ライン音)をPAなりなんなりに出力させる。

 

で、こいつ実は別にアウトプットが付いているんです。

f:id:musicmagic:20170703162609p:plain

ここはAC-2通過後の音に固定なんで、ここからの音をPAに送るなりする。

 

わかりましたね?

 

2系統の音をPAミキサー側でバランスとるという技。

 

でも、ここまでやらなくて良い!(笑)

 

こいつの気軽さという売りを台無しにする!!

 

DI機能付きプリアンプ

『AC-2』は、ピエゾも、マグネティックも、パッシブタイプのピックアップも入力できる、アコースティック専用プリアンプ。PAミキサーに直結できるDI機能、環境に応じたトーン調整が行える3バンドEQ、音に奥行きと広がりを与えるリバーブS/N比120 dB/ノイズフロア -100 dBuの超低ノイズ設計など、ライブユースのアコースティック用プリアンプ兼DIペダルとして充実した基本性能を提供します。

 もはやこの辺の機種では当たり前。

D.Iも兼ねていますから、こいつからミキサーへ直結。

ライブハウスでお店のBossのD.Iとかを持ってくるスタッフさんには丁重にお断りできます。「ここから直接出せるんで、それ結構ですので」と言いましょう。

たまにD.Iの2重繋ぎしている謎の人がいます(笑)。

 

スマートな音量調節

『AC-2』搭載の新開発のVOLUMEコントロールは、
ツマミひとつで入力ゲインと出力レベルの両方を
同時に適切なレベルに調節(特許出願中)。

ステージ上のミュージシャンは、シンプルな操作で
簡単かつスマートに音量調節が行えます。

これは楽チン!!

音響がわかってる人からしたら なくてもいい機能。逆にGAINとOUTPUTのつまみの特性を利用して音を作れる人もいる。

 

しかし!!!便利!!なんども言うように限られた時間で音を作りリハをするライブユーザーには 妥協点を早く見出すのが大事。それも高いレベルで。

 

普通はクリップが点灯しないようにGAINで入力音を調整してから、接続器具に合わせてアウトプットのVolumeを調整するんですが、1つのコントロールで上手い事調整してくれるんです。リハで音響さんから「そちらで音量絞ってもらえます〜?こっちクリップするんで〜」みたいな会話がなくなります!!

 

フィードバックを
効果的に抑制

アンチフィードバック・スイッチを押すことで、
フィードバックの原因となる周波数を自動で検出し、
その帯域を急峻なフィルターでピンポイントにカット。

音質変化を最小限に抑えながら、
アコースティック楽器のライブ演奏で発生しがちな
フィードバックを素早く効果的に除去します。

これも今や どんな機種にも付いていますね。

使い方のコツとして、リハ中にいろんな音域を出して、早めに検出を済ませて仕舞いましょう。

 

チューナー見やすさ最高!!

f:id:musicmagic:20170703164609p:plain

見ての通り!!

アナログ感のあるチューナーは最高ですよね。液晶画面のチューナーは使いにくい!!(個人的)

 

クリーンブースト便利!!

 

これギターソロ弾くとき用!!みたいに使う人が多いと思うけど、ピックと指弾きの音量差を埋める時に使うのが便利でオススメですね。

 

総括すると、、

 

買った日から簡単に生っぽい音を出せる。(モデリング機能)

使いやすいイコライザー(レビュー端折ってごめん)

使うピックアップを選べる(マグネット、ピエゾから)

バーブ付き

ブーストできる

D.Iアウトできる

アンチフィードバック付き

見やすいチューナー

ヘッドホンアウト付き

 

あああああああ!!!

ヘッドホンアウト!!

これがすごい便利です!!

 

はい。アコギの音作りって、スピーカーでやるのは結構難しいんです。

だって、生で鳴ってる音が聞こえてるので、ライン音だけの音は聴けないんです。

(僕は、ライブではルーパーに通してその音を再生してイコライジングをすると言う技を使っていますW)

ヘッドホンアウトがあれば、密閉性のあるヘッドホン使用でシビアなライン音作りができます!!!

 

ついでにオススメのルーパー紹介

暫定一位の使いやすさと音質。

tc electronic Ditto X2 Looper ルーパー

tc electronic Ditto X2 Looper ルーパー

 

 

つまり、2万円以下で、即戦力になるプリアンプでした。

 

2時間も試奏させてくれた島◯楽器さん。ありがとう。

 

あ、リバーブは 空間を作るために使うって言うより、生で鳴っているときの音をイメージして そのくらいの感じに設定しましょう。

ギターのナチュラルな響きの再現用として使うイメージ。

エフェクト的に響かせたい場合は PAさん側でリバーブを足してもらうべし!!といった感想!!

 

 amazon参照↓

 

楽天参照↓

 

 

 

 

 

 

アコギのストラップ選び

だんだん どうでも良さそうな話題になってきましたけど笑

今回はストラップ選びについて 個人的な見解を!!

 

お店のブログじゃないから個人的な結論を並べるだけですから。僕のおすすめブチまけるだけですから!!興味あれば参考に〜くらいですから!!!

 

まず素材ね!!

①ポリストラップ

 

 

【国内正規輸入品】ERNIE BALL アーニーボール Polypro Strap Black 4037

 

【国内正規輸入品】ERNIE BALL アーニーボール Polypro Strap Black 4037

【国内正規輸入品】ERNIE BALL アーニーボール Polypro Strap Black 4037

 

滑りが良い。色が豊富。どこでも売ってる。

ですが!!!

アコギのボディーの重心バランスだと このポリの滑りの良さが悪く働くんです。

ネックが下がっちゃうんですね。

一定のフォームで弾くことが難しいので、こいつは僕的にダメ!!

(※裸にギター!って時は問題なし!!!)

 

②コットンストラップ

LEVYS MSSC8 NAT ギターストラップ

 

LEVYS MSSC8 NAT ギターストラップ

LEVYS MSSC8 NAT ギターストラップ

 

良いと思います!!

値段も安いし、滑らないし。柔らかいし。

大げさじゃない感じがクール。

 

③レザー

LIVE LINE ライブ ライン レザー マーチンタイプストラップ LM2800BK(ブラック)

 

LIVE LINE ライブ ライン レザー マーチンタイプストラップ LM2800BK(ブラック)
 

高級感があって良いです。

コットンと同じく滑りにくい。

が、裏地が表面と同じ素材のツルツルしたレザーの場合は滑ることもあります。

普通に皮の裏地の場合は滑りません。

また分厚いものや肩パッドのついたもの、色々種類があるのもレザーストラップ。

合皮も本革も色々あります。かっこいいですね。

でも僕は使ってません(笑)。

本革はかっこいい。けど硬い。使い込んだら柔らかいが臭くなる。湿ったら乾かさないと硬くなる。変な型がついたらヤダ。なんか大げさなギターに見える。

なんとなく肩が凝る。など。

滑らなすぎて、動かすとシャツごとよれて困ることあり(笑)

 

で、僕が使ってるのは

D'Andrea/ダンドレア ACE STRAP リイシューモデル ACE-STRAP 3 ギターストラップ

 

 

 ジミヘンとかクラプトンとかが使ってたaceストラップのリシュー。

かっこいい!!ナイロンの表地はポリやコットン同様扱いやすく、裏地に貼られた皮(合皮)が柔かく適度にクッションせいも感じつつ、滑らない。

けど、意図的に滑らせれば動くので好みの場所に動かせる。

 

あと、おすすめな備品、

ロック式ストラップピン!!!

JIM DUNLOP ロックピン SLS1503BK BLACK トラディショナル ブラック

JIM DUNLOP ロックピン SLS1503BK BLACK トラディショナル ブラック

 

JIM DUNLOP ロックピン SLS1503BK BLACK トラディショナル ブラック
 

これをギターの前側のみにつける。後ろはエンドピンジャックってのもあるし。

もしエンドピンとジャックが別でも僕は後ろにはロックピンは付けない。

ギターを肩にかけるときに、フロントだけストラップをこのピンで外し、肩にかけてロックする。ストラップの輪をくぐる作業がこれでなくなったわけだ!!

 

あ、アコギに関しては、ストラップをネックにくくるスタイルもありますね。

ボブディランとか長渕剛とか、ゆずとか。。。桑田佳祐もかな?

 

完全好みなんでお好きにどうぞ!!

 

ただ、ハイフレットも弾く人はボディ側にピンを打つ方が弾きやすいかな〜と思います。

ネックの高さの固定は ネックにつける方が安定。

ボディの密着の安定は ボディにつける方がいいかなと。

 

あと、ネックに縛ると、多少ですがチューニングに影響します。そりゃ引っ張られるわけですから。

 

あ、ネックにくくる人も、便利アイテムありますよ。

Planet Waves by D'Addario プラネットウェーブス アコースティックギターストラップ用紐 DGS15 Quick Release System 【国内正規品】

 

 

今日はここまで。

前回同様、楽天ファンの方のために下記にリンクを貼らせていただきます。

rakuten:aikyoku-bargain-center:10036069:detail

 

 

 

 

 

エレアコのシールド

アコギ周り(エレアコ)の自分なりの考察、体験、経験を語るブログです。

 

次は何を書こうか?と思いながら足元を見たら パッチケーブルが1本落ちていたので、本日はなんとなくシールドについて(笑)。

 

生音の再現を目指す!!というこだわりのエレアコ弾きの皆さんは「エレアコ専用」「本物の音」「透き通る高音」「完全ハンドメイド」などと色々な効果効能が書かれた高級シールドに手を出したり、気になったりしているのではないでしょうか?

 

いいと思いますよ。

きっと悪い音にはならないでしょうし、きっといい音なのでしょう。

 

でも僕の結論は、「いたって普通のもので良い」

または「いたって普通よりちょっと良いやつも良い」って感じです(笑)

 

あくまで僕の意見ですよ!!高級シールドをバカにしてるわけではないです!

 

僕も過去に高級なシールドを買ったこともあります。エレアコ専用と言われるものも。

 

確かに各々が音の特色が違いました。意識しないと分からない程度ですが、それを言い出したらお終い(笑)※ギターの音はもちろん、ギターの種類を変えても気づかないオーディエンスの前で演奏しているもんですからね(笑)

 

でもね、そこで思うんですよ。「生音再現!!原音再現!!」と謳われてもね、エレアコの生音ってのは何を持って生音なのかと。

 

自問自答

①ライン出力の音ではなく、サウンドホールや弦や空気や本体から鳴っている「本当の意味で生の音」か??

そんなわけがない。ギターのアウトプットにそのシールドをつなぐだけでマイク録りの音になる!みたいな夢の話になる。それができたら、僕らの足元のプリアンプやエフェクターや、もっと言えばピックアップや全てに費やした費用や存在が無意味ということじゃん(笑)

 

②ギターから直接でもいいし、プリアンプなどからでもいい。とりあえず最後のアウトプットからの音を変えずに伝送する。

絶対これでしょう。

 

きっと「装飾しないシールド」を「生音主義」「原音主義」とうたっているんですね。

 

ここでプチパニック!!!

 

「そもそもライン出力からの原音て何や!!!???ライン出力して初めて聴こえてくる音なのに、それの原音て何だ!!!!???アウトプットの穴に耳突っ込んで聴こえる音か!!!!???」

 

シールドを通して音を鳴らして初めてその楽器のラインの音を知るんです。

 

必死でいろんなプリアンプやイコライザーエフェクターを使ってライン音を生音に近づける努力をしてますよね?読者の皆さん??(笑)

その音作りの時にギターには何が刺さってますか?ミキサーやアンプには何が刺さってますか?

 

シールドーーーーー!!!!!!

 

エレキギターエレアコもエレベースも、シールドも含めて楽器なんです!!!

 

なので、今ギターに刺さっているそのシールドの音、それが今のあなたの生音!

それをちょこちょこいじって、本当の意味のリアルな生音に近づけるんですよね。

 

 

だから、何でもいいや〜〜〜〜ん。

 

という結論に至ったわけです。

 

でもね、無茶苦茶安いのとか、すごい音の色彩をうたったものとかはやめておきましょう。

 

理由〜〜↓

①安いのはシールド自体の「耐久性に難あり」

断線が早かったり、シールド自体のビニールの質が悪かったり、ハンダが甘かったり、とりあえず下手に「仕立てが悪いこと多し」

また、「巻きにくい」とか。

 

②安いのは「プラグの品質に難あり」「ケーブルの芯線の品質が難あり」

フォーンプラグの大きさは一応基準があります。スイッチクラフト社のものに統一しているという方も多いのでは? しかし、激安品によっては 微妙にサイズが小さくてノイズが出たり、太すぎて抜き差しに手こずったり(相手機材を痛めるしね。絶対だめ)。

芯線の導体の質、本数や太さ、コネクタの素材、ケーブル作成の作業精度、使用する半田の導通率、接触面積、などなど様々な要因で音質は変化します。

 

おいおいオイ!!!!

 

何でもよくないやん!!!特に「ケーブル芯線についての話とか聞いてると音が変わるから良いの買えってなってる気がするよ!!!筆者〜〜〜!!!」

 

そうです。

 

何でもよくないんです。

じゃあ解説。

 

音にはレンジってものがある。台所にもレンジがある。それは関係ない。失礼。

え〜、レンジってのは音域です。低〜い低音から、高〜い高音まで。

ギターのピックアップは弦なりボディーなりの音を拾うのが仕事。その時に「どのくらいの範囲の音域を拾っているか」

ってことについて考えて見ると答えは分かるかな?

「ピックアップが拾えてる音域より極端に狭い音域しか伝送しないシールドは嫌だな!!」

ね!!一気に話をハショリますが、だから僕は安すぎるのはやめてます。(音域の周波数が明記してあるものもありますし、真面目な方は見て選んでもいいね。ピックアップの音域も説明書でチェックして。あ〜めんどいw)

ピックアップが拾ってる音域をそこそこ忠実に伝えるシールドを使って、初めてイコライザーなどが生きるってもんですよ。

極端な話、100hz以下を拾わないシールドから来た音を、イコライザーで50khをブーストしても、、、、、ね?

そいういこと。

 

じゃあ、どんなシールドを選べばいいんだよ〜!!!話が長いよ〜!!

 

①しっかりしたプラグ。

②しっかりしたシールド素材

③しっかりした仕立て

④伝送する音域の広さ(無駄な広さは不必要かなと思ってます)

 

③の「しっかりした仕立て」ってのは、ハンダやら芯線やら見て分かるものではないので、ここは実際に触ったりできない場合はある程度の値段で判断するしかないんですね〜。

だから、「いたって普通のものが良い」

と言ってるんですよ。いたって普通の値段のものは ある種「安心の品質」です。

 

そう!!!「いたって普通のものは 安心の品質!!!」

 

名言出た!!!

 

で、いたって普通のレベルのものでも、ちょびっとメーカーや銘柄によって音が違います。

個人的な意見ですけど「品質は同じで音質が違う!!!」

とう感じですね。個人的な意見ですよ!!あってるけど!!!

 

プラグやら素材やら仕立てに関してはクリア!!そのあとのレベルは色付けや個性ですね。そこをどう捉えるかなんです。

 

同じ音域を拾っているシールドが2本あります、しかし音が違って聞こえます。

僕はこう捉えてます。→イコライザーと同じだね」

 

音が太くなるシールド!として売られてるのは、太いと感じる音域をよく伝送している。明るい音になるきがするシールドは高音域が伝送されやすい。というイメージ。

しかし、僕らエレアコ生音再現マニアはイコライザーやプリアンプを駆使するので、同じ音域さえ拾ってくれてたら、どんな個性のシールドであろうが関係ない。

どうせ触るなな「フラットな特性が良い!!!」

という結論になりますよね。

そこで、「原音再現、生音再現」とうたい文句のものが売られているわけですよ。

人間の耳では判断できませんが(前半にも言いましたがシールドを通して初めて鳴る音なんでね。。。)メーカーが科学的な数値で「限りなく拾ったままの音を脚色せず伝送します」と書いているなら、信じるしかないんですよね。信じましょう!!

 

でもね、フラットの捉え方というか、扱い方でもう一個考え方があるんですね。僕は。

例えば

①「フラットな伝送をするシールドから来た音をプリアンプへ。ハイをチョビッとカットした」

②「マイルドな音色が売り!と言われてるシールドから来た音をプリアンプへ。イコライジングは全てフラット」

 

この場合の②に出会えたら結構ハッピーですよね!!(笑)。

そう言った視点で考えると「音作りの時の経験上を踏まえてシールドを選ぶってのも良い考えなんです!!」

 

そう!!ここで飛び出ます。

「いたって普通よりちょっと良いやつも良い」

 

ね。

 

でも、なぜ「いたって普通にこだわるのか?」「最高級のものでも良いじゃないか!!」

 

と思いますよね。

 

「お金があれば良いんじゃな〜い」

ですね。絶対いいんでしょうけどね。

でも大まかな意見ですが、

①もともとピックアップが拾った音より良くなることはないし。

よくなった気がするのは高音が抜けてるだけのものが多いかな。

 

②そもそも消耗品である。ハード面でトラブルが一番厄介である。ライブ中に断線など。買い替えやすい値段のものを、定期的に新品で使う方が結果高音質の保証となる。

 

③費用の差ほど音が変わらない気がする(笑)

 

でも、最高級のシールドで全部揃えたら、クリアな音がなるとは思いますので、金持ちはやってください。できる人には推奨します。

 

しか〜し!!!忘れてはならないライブでの事。スタジオでもだけど

 

自分の機材周りは自分で厳選して選ぶけど、最後PAミキサーへ送られるシールドやミキサーからのパワーアンプやスピーカーなどに繋がれるものは現場任せであることを。

 

高級ワインを差し入れたが、差し入れた先には湯のみしかなく、なんだかなぁって感じで飲んだ感じ。ちょいと違うか。

 

最後の出口は店のシールドの特性!!ということを分かると、自然と選ぶのが、

「お店のものと同じでいいんじゃね〜」「そもそも悪いものじゃないんでしょ?」

 

そう!!!お店のシールドたちは「悪いもんではない!!」「いたって普通のもの!!!」

 

あ!!!またでた!!!「いたって普通のもの」

 

で、そのいたって普通のものなんですが、結構なシェアでライブハウスもスタジオも「カナレ電気」のものが使われています。CANARE知ってるでしょ???

CANARE XLRケーブル マイクケーブル ノイトリックコネクター 黒色 7m EC07-B/黒

 

 どこでも買える。めちゃめちゃ頑丈。世界基準。カナレ。

 

悩んだらこれで間違いないですよ。

 

このケーブルを通した音で ライブハウスやスタジオやコンサートは音作りされてるんだから、こちらもこれで送れば良い。

 

これ以上の音を送っても、カナレ基準に変換されるというイメージを持てば、別に高級シールドはいらないなと思うわけ。

CANARE PROFESSIONAL CABLE 5m クロ G05

 

CANARE PROFESSIONAL CABLE 5m クロ G05

CANARE PROFESSIONAL CABLE 5m クロ G05

 

 

 

特にエレアコはラインでミキサーへ行くからエレキより冷血に判断。

 

で、なぜカナレ一択ではないかというと、前述しました通り、「シールドの音の特性が自分のギターと上手く合って音が作りやすい」という場合は それを使わない理由がないから。

最後はカナレで出ると言っても、そこに行くまでの音の良し悪しはもちろん関係する。

最後のシールドが同じなら マイクを通した誰の声でも同じになるってこたぁないのと一緒ね。シールドをイコライザーと捉えたり、ノイズの少ないシールドはノイズゲートと捉えるなど。そうしたらキャラのあるシールドも意味があるということは分かるかと。

エフェクターの数が多いとシールドの数も増え、音声信号が劣化して行くから、少しでもそれが抑えれるシールドをチョイスするってのも選択肢には持つべきかと。

 

ということで、どれを買え!!という答えはないんですが、僕なりの結論は

①「カナレを試して不満がなければカナレで良い!!」

②その音に何か個性がある方が使いやすい、などと思うならワンランク上のシールドを試してみたら良い。

③ライブハウスと統一させるために自宅やスタジオでプリアンプやエフェクターやD.Iなどのアウトを繋ぐMYキャノンケーブルとしてカナレ社のを1本持っておくと良いかも。最後に出る音の傾向も掴みやすくなるかなと。

 

 

CANARE PROFESSIONAL CABLE 5m アカ G05

CANARE PROFESSIONAL CABLE 5m アカ G05

 

 

 

CANARE PROFESSIONAL CABLE 5m アオ G05

CANARE PROFESSIONAL CABLE 5m アオ G05

 

 ちなみに僕がギターからのアウトに使っているのは。。。。

CUSTOM AUDIO JAPAN (CAJ) LL-5M プラグ L・ L 5m インストゥルメンタルケーブル

 

CUSTOM AUDIO JAPAN (CAJ) LL-5M プラグ L・ L 5m インストゥルメンタルケーブル

 

 

カナレ違うんかい!!!笑

このメーカーのケーブルもフラットな音質で素晴らしいんです。プラグも頑丈。

でもこれを選んだ一番の理由は「 CANAREは L型のプラグがないから」なんですけども。

結構大事なんですよね。僕はギター側も足元側も両方L型が好みです。

エフェクターボードがすっきり。

 

部屋での音作りやスタジオ練習(スタジオでシールド借りれば良いんだけども。。w)用に最後のアウトプットとして

CANARE XLRケーブル(3m) EC03-B

CANARE XLRケーブル(3m) EC03-B

を持ってます。

 

以上でした。

amazonのリンクの方が見やすいのでamazon参照させていただいてます。

楽天で買いたいんだ!!

って方用に 一応下記にリンクを貼りますねw

まあ好きなとこで買ってください。実店舗でも売ってますし。最近売ってないとこも出てきましたが(驚)

 

でも、ぶっちゃけ そこそこ普通の値段するものは信用できるものですから、今回の件も雑学程度に捉えておいてくださいね〜

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

弾き語り用のアンプはこれで決まり!!VoiceSolo FX150

お久しぶりです。

 

え〜、僕のブログを読んでくださっているマニアックな方の中には下記のタイプが多いのではと予想!(笑)

◉弾き語りをする

◉カフェやバーなどの小規模なスペースでのライブが多い

◉音響機材は持ち込みの場合が多い

PAまで自分でやらなければいけないことが多い

 

ライブハウスでは楽器以外は持っていかなくていいのですが、上記の場合やストリートの場合だとスピーカー関係の手配が悩ましいんですよね。

 

で、ごちゃごちゃ言わずに 僕が見つけて数年浮気なしの名機をご紹介!!!

 

「TC-Helicon VoiceSolo FX150」で〜す!

 

搭載機能は!

①モニタースピーカー

②2チャンネルミキサー(auxを入れたら3ch)

③高品位リバーブ

④超高品位コンプ

⑤笑うほど軽量

⑥キャパによってはメインスピーカーにも

⑦ステージの自分一人で全ての音響ができる!!!!!

 

それがこれ!!!

TC-HELICON VoiceSolo FX150 パーソナルPAスピーカー&ボーカルプロセッサー

 

おっそろしいくらい便利!!

 

まず、軽い軽い。感覚は2リットルのペットボトルとおにぎりと雑誌が入ったカバンくらいなもんさ!!

 

筆者の使い方は、

①マイクスタンドにこいつをつける!!!

f:id:musicmagic:20170619160103j:plain

 

②1chにマイクをブチ込む!!!(ちなみにshure58betaです。ハウリにくい)

SHURE ダイナミック マイクロフォン SM58-LCE 【国内正規品】

[rakuten:reckb:10052923:detail]

で、「Voice Tone」という魔法のボタンを押す!!絶対押す!!押せ!!

「Vocal Tone」ボタンを押すだけで、あなたの声に最適なコンプ、ディエッサー、ノイズゲートを自動で付加したインテリジェントEQ処理を行います。

 *1 

これを押すだけで、最適なコンプがかかる。リアルタイムでずっと声を追跡しながら分析して常にベストなコンプと抜けの良い自然なイコライジングを行なってくれるんです。

つまり!やることは、ボリューム調整と、リバーブの量の調整だけです!!!

 

2chにギターをブチ込む!!

プリアンプ経由でも、D.I経由でも、マルチエフェクター経由でもなんでもいい!

いつもの自分のセットの最後尾のアウトプットをぶち込め!!

 

ここでは魔法のスイッチ「Voice Tone」は押すな!!押すな!!押すな!!

 

なぜって???

 

「Voiceじゃないから!!!Guitarだから!!!」

 

なので普通にボリュームとEQとリバーブを調整してくだいね。

 

このEQが結構使いやすいので、 MIDをカットするだけで そこそこ使えるアコギサウンドが出ます!!評価タカシ!!!

 

③マスターボリュームで全体の大きさを調整!!自分がモニターしやすい音量を作るって感じですね!!(リバーブの種類もたくさんあるので、色々試す!!)。

 

これでもうギターも声もスピーカーから出ているので、ライブできますね。

声にはコンプもかかってて、艶やかです。

こだわる方は、ギターにもコンプをかけたいかもしれません。その場合はこちらをお勧めします。

コンパクトなライブシステムの話の中ですので、コンプも小さいので行きましょう。

 

④キャノンのケーブル(XLR)を1本用意。アウトプットにブチ込む!!!

そしてそのケーブルは、会場のメインミキサーなりパワードスピーカーなりなんなりのインプットへ!!

 

 

 

自分で作った目の前のスピーカーの音がこれで会場中に響きわたるでしょう!!

 

そう!!PAいらず!!!

 

会場のメインミキサーの前に 暇そうな奴を一人置いて、「1番(1チャン)のところのGAINてとこ左に回し切って〜。そのほかは全部真ん中にして〜。ONて押して!上下するスイッチを0のとこまで上げて〜。」

「よ〜し、じゃあ一番右端のONを押して〜」

「あとは、君がいいと思う音量になるように 一番右の上下するスイッチを動かして〜」

 

って会話で レストランでのライブセッテイングは完了しましたとさ〜

 

 

一度バランスさえ取っておけば、ケーブルを1本アウトプットするだけで、どこでもスグにいつもの感じでライブできるってことです!!

 

こりゃストレスフリー!!

 

目の前でスグに微調整も自分でできるしホント便利です。

 

TC-HELICON VoiceSolo FX150 パーソナルPAスピーカー&ボーカルプロセッサー

TC-HELICON VoiceSolo FX150 パーソナルPAスピーカー&ボーカルプロセッサー

 

 

 

*1:メーカー説明文引用

MXR 10Band Graphic EQ “M108S”

お久しぶりです。

 

更新していない間に、またまた新製品をゲットしました。

 

MXR 10Band Graphic EQ “M108S”です。

MXR/M108S TEN BAND EQ 10バンドグラフィックイコライザー

 

私の経験上ですが、アコギをピックアップ出力するときに(特にピエゾ)多機能なプリアンプなんかより活躍するものがグライコだと感じております。

シンプルなプリアンプ

L.R.BAGGS VENUE D.I. アコースティックギター用 プリアンプ DIなどは持ってると便利ですが。

 

 

以前の記事「エレアコの音を生っぽくするVol.2」にも書いた内容を見てもらえれば僕の理屈が多少はわかると思います。

 

まず、ピエゾやマグネットの音が不自然なのはミドルの音なんですね。

 

実際にマイクで録音した音とピックアップから録音した音の周波数の波形を見ると一目瞭然なんです。

 

ピックアップ音はMID(500〜2k)あたりが膨らんでいるんです。

 

そこをイコライザーでカットするだけでかなり波形的には近づきます。

 

ミッドスクープという手法です。

 

お手持ちのプリアンプやエレアコなら手元のイコライザー、もしくはミキサーの該当するMIDを思い切ってカットするだけ。

 

しかし、そのことによってカットしたくない前後の帯域も緩やかに削られてしまうのですね。

 

ですから、その部分をピンポイントでこのイコライザーで補ってあげると良いんです!

 

具体的にいうと8KHz前後ですね。ここをほんの少しブーストすると、本来の煌びやかさが復活します。

また、アコースティックギターは出ている音の他に、弾いている本人に響く低音があります。ギターのボディーに触れているわけですから そこから低域の揺れを感じ取っています。

その部分を少し出してやると、アコギの迫力が出ます。125Hzあたりですね。

しかし、これは好みです。ブンブンと邪魔をするならいじらなくていいです。

 

このグラフィックイコライザーだけでいく!!ってのもアリですよ。500〜2kあたりを削ればよ良いのですから。しかし、経験上、U字型にブーストやカットされるリアンプのイコライザーでミドルをカットし(自然で音楽的)、V字でブースト(またはカット)できるグライコでミドル内でも微調整する方が自然な上スムーズです。プリアンプメーカーが研究して作ったイコライザーなんですから、大まかな輪郭作りはそれを信用してもいいかと(笑)

ある種、音を決定づける低域ですから、音楽的なニュアンスを残すように処理しないと温かみゼロになりますからね。

 

プリアンプのEQで弦の音を作り、グラフィックEQで、本来の気配を足す。みたいな考え方です。

 

必需品ではありませんが、ピンポイントでいじれる強さを持てば、どんな会場でも怖さが激減するのは確かです!!

 

その作業をする中での名器が

MXR M108 10 BAND EQ

MXR M108 10 BAND EQ

だったのですが、これの新作が今回取り上げた

MXR 10Band Graphic EQ “M108S”

MXR/M108S TEN BAND EQ 10バンドグラフィックイコライザー

 

 

なんです。

 

やる作業は同じなんです。

ただ、トゥルーバイパスになりました!!上記の使い方に限っては不要な機能です。

だって常にONにして使うので。

しかし、ピック弾きと指弾きの時によって音を変えたりボリュームを少し変えたりできます。その時だけON、その他はOFF。OFFの時もトゥルーバイパスですから劣化なし!

ギターソロの時だけMIDとVOLを少しあげてブーストに使うなどとても便利です。

 

また、ノイズリダクションが追加!!

これはノイズにシビアなアコースティックサウンドにはとっても嬉しい機能です!!

 

OUTも2口になり、使用用途が増えました!!

 

早速大活躍です。

 

弦交換を忘れていて、音がいつもと違う!!と焦っても ちょびっとMIDハイを上げて誤魔化したりね(笑)

エレアコの音を生っぽくするVol.2(EQ編)

エレアコの音(ラインの音)を生っぽくする自分なりの考えを綴るシリーズ。

 

今回はEQ(イコライジング

 

第一回はいきなり「コンプ編」でしたが、本来このEQが一番基本であり一番重要なんですよ!

 

「これで蘇る生音!」「本来の響きを取り戻す!」「つなぐだけで温かい音へ!」

・・・・などのキャッチフレーズがついたプリアンプの新製品が出るたびに購入しては「さほど変わらないな〜」の繰り返しの小銭持ち素人ギタリストは大量に存在してると思います(笑)

 

あなたが買ったその機械、専門に研究してるメーカーが発売しているんですから、そんな無茶に悪い音が出るはずがないです。ちゃんと使えばいい音が出るんです。

 

たいていは「魔法の箱」みたいなつもりで買って繋いでるんでしょう。

自分の耳を使ってない人、明確に求める音がない人ほど新製品の力を信じて絶賛無駄遣い中でしょうね(笑)

 

確かに新製品には様々な技術が盛り込まれ、魔法のような仕事をしてくれますが、どの辺をどう加工してくれているかを耳と多少の理屈を働かせながら使うべきなんです。

 

まず、生の音が好きで買っているギターを使用している前提で話します。

①ラインの音は出さず生の音を集中して聴く

②ラインの音をスピーカーから出す

③先ほど聴いた生の音と同じように聴こえるようにEQを触っていく

(プリアンプやアコギアンプを例に挙げて説明します。ミキサーのEQ、エレキやベースのグライコなどのイコライザーでも可です。その場合の動かす周波数については後述します)

④ボリュームを絞って生で弾く、ボリュームを上げてラインの音を聴く、を繰り返しながら徐々に生の音に近づけていきます

何回も何回も触りましょう。1時間、2時間かけても構いません。

だんだんどの弦の音がどの周波数か分かってくると思います。

 

具体的な僕のやり方は、

①まず6弦の開放弦の生音を鳴らし、次にEQでLOWとMIDを動かし低音の音の傾向を近づけます。全く同じにはなりませんが雰囲気を寄せていく感じで。

同じ作業を5、4、3、2、1弦と続けます。(もちろん高音弦に移るにしたがって使うEQもHIGHよりに移行します)。

 

これで終了!!コードをジャラーン!!「うん、まあまあ」

ストロークジャカジャカジャカー!!「ん??なんかプリプリ?モコモコ?ズンズン?」違和感が出る場合が多いかと。

 

②MIDのつまみを下げる。ちょっと下げては弾く。ちょっと下げては弾く。を繰り返しててください。すると、あるポイントで「耳障りな音が遠くなったぞ?自然な気がする」となるはずです。※決して生音になってるとは感じないですよ。

 

どのくらいMIDを下げましたか?思っているよりもガッツリと下げた方が多いかと思います。(使用してるEQによって違うとは思いますが)。そこまで下げると音が変わってしまいそうで今まではほぼフラットな使用法だった方はビックリするでしょう。

でもいいんです。そうやって使うものなんです。MIDを0にしたからって中域の音が全く出なくなることなんてないんです!耳を信じて積極的に動かしましょう。

③MIDのバランスが取れたら、LOWとHIGHのEQを少しだけ上げ下げして仕上げましょう。(MIDを多く切ったことによって聴こえ方が変わるのでそこを補正する)

これが僕なりのイコライジングのやり方です。

 

エレアコアンプやエレエアコ用プリアンプを使用してる方は結構簡単にできたのでは??

それは、最初からエレアコの補正で使うべきであろう周波数の箇所をLOW MID HIGHに設定してくれているからなんです。これの設定箇所が絶妙であり、反応の仕方が音楽的に優れているものが専用プリアンプなんです。便利でしょう?

 

しかしミキサーでEQをいじってみた方は「なんか上手く行かない気がするぞ?」って方もいるかと

それは、そのLOW MID HIGHに設定されている周波数がエレアコに特化していないから。周波数の設定を変更できない場合は、それでなんとか頑張ってください(笑)

しかし、大抵はMIDだけは周波数を変更できます。200Hzとか1kHzとか書いてると。

それを1kHz前後に合わせてみましょう。そこで合わせた周波数を

動かすってことになります。ミキサーによって効き具合が違うので、何Hzに合わせるとエレアコに合うかは言い切れません。

設定した周波数だけをズバ!!っとカットするのではなく、そこを中心に(V字型風)にカットする仕組みなので、どこに合わせるとちょうど気持ちい効きをするかは探ってください)

 

プリアンプは持ってないけどエレキやベース用のコンパクトグライコを持ってる。

という方は、「使ってみてください!!!フラットに設定しても音が劇的に痩せたりするものだったらヤメてくださいね」

実はアコギ用のプリアンプよりこっちの方が自然に生音に近づく場合も多々多々多々あるんです!!!

アコギ用機材でLOWとなっているのは大体50~60Hz前後、MIDは1kHz前後、HIGHは6kHz前後。ですので、これに当てはまる箇所動かしてみてください。

ここでも音のポイントはMID域です!!

グライコの良いところはMIDに当てはまる場所が2〜3箇所バラバラに動かせること!!

400Hz、800kHz、1kHz、って場合が多いかなと。

この400kHzってのが大活躍する場合もギターによってはあるんです!!

前述通り、アンプなどのMIDは1kHz前後を中心にV字風に動かす仕組みになっています。なので、1kHzと400Hzを同じだけカットするってことができないんですね。

でもグライコなら自由自在!!!

経験上800HZ〜1kHZで弦の目立つ鳴りを調整、400Hzあたりで、ピエゾの太ずぎるアタック音、カッティングの嫌な太い音、がいじれるかなと。

 

すっごい効きが分かりやすいでしょ?

6箇所くらいしか動かせないコンパクトタイプでもここまで変わるんです。

スタジオレベルのグライコなら何十箇所も動かせます。

これをプロのエンジニアは細かく細かく設定できる耳と技術があります。

すごいデジタル機器やピックアップがない時代のライブ音源を聴いても結構ナチュラルだったりすることもあるでしょ?ラインの音と生の音の周波数の差や気になる箇所を細か修正できればEQだけでそこそこ戦える!!!んです。

 

が、それには経験が必要です。聴いた音が何Hzで、これを切ったら補完的にどこのHzを上げないと、、などなど。耳、技術、経験、がないとできません。

できたとしても、プレイヤーがライヴなどの限られた時間でそれをこなすのは不可能ですよね?

 

そこで、登場するのが アコギ用のプリアンプなんですよ!!!!

 

「最初にアコギ用のプリアンプのQEの説明してたでしょ?また同じこと!?」

 

僕が言いたいのはね、

アコギ用の特別な機材なんかなくてもプロのエンジニアは耳触り良い音を作り出すんです。

あなたが持ってるそのプリアンプはその技術をシンプルな操作で、直感的に操れて、かつ大きな失敗しないようにせき止めてくれる機器なんだよ!!!ってことを踏まえて使ってみろ!!

ってことなんです。

 

なんか熱くなってきましたね(笑)

 

今回はEQの話でしたね。

 

結局は、ラインの音はMIDカットで生に寄る!!ってことだけでしたね(笑)

 

ちなみに私は、アコギ用プリアンプとコンパクトタイプのグライコを併用しています。

グライコの方は400Hzをピンポイントで少しカットする専用。

正直なくてもいけます。でもあると安心します。

 

私愛用のセットはこんな感じ↓

詳しくは画像クリック。

 

Fishman Aura Spectrum DI プリアンプ

BOSS Equalizer  GE-7

 

[rakuten:shibuya-ikebe:10020048:detail]

 FISHMANのSPECTRUM D.Iは EQに加えてコンプやAURAシステム(生音を再現するシステム)を搭載していますが、その話はまた次回。

また、ギターやピックアップよってはEQしか使わず他の機能はOFFってことも多々あります。シンプルにEQ&D.I機器として優秀です。

 

SPECTRUM D.IはMIDが1つなんですが、MIDが2つ付いているプリアンプもあります!便利です。その場合はグライコを持たなくてもいい場合が多いですね。ってか持たなくていいでしょう(笑)。

こちらもギターに合わせて愛用してます!!

EQで音を作る感覚はこちらの方がオススメ!!効きも良い!!

まずはこれで修行して欲しいですね。

これで完結もできます。これにプラスアルファもできます。これを理解したら別のハイテクなプリアンプへの乗り換えでも操作すべき芯の部分が養われているので扱いやすくなるでしょう。

 

L.R.BAGGS VENUE D.I. アコースティックギター用 プリアンプ DI

もう少しお安く、なら 同ブランドのこちらもオススメ。

L.R.BAGGS Para Acoustic D.I. アコギ用ダイレクトボックス 正規輸入品

 

ですが、EQをちょこちょこいじるのにはつまみが小さいかな〜。

 

また、意地でも周波数を見つけてピンポイントで動かしていきたいと言う方は

このグライコがオススメ。持ってて損はない。こだわり心が溢れてきたあなたは基本システムに保険で追加しても良いかと。ギターを持ち替えてもこれで補正可能。

 

MXR M108 10 BAND EQ

MXR M108 10 BAND EQ

 

 

さあ、基本のEQ編は終了。

ここで終えるか、さらに追求して機材を足すか、は自由。

 

僕は基本、ピエゾピックアップの時はSpectrum D.I(+グライコの場合もあり)と前回書いたBossのコンプ(CP-1X)。

 

マグネットピックアップの時は LR BaggsのVenue D.Iと同じくBossの CP-1Xに加えディレイを使うことも。

 

その辺はまた次回以降に!!

 

 

 アコギ オススメ プリアンプ

をまとめますと

Fishman Aura Spectrum DI 

L.R.BAGGS VENUE D.I. 

L.R.BAGGS Para Acoustic D.I. 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サムピック選び

サムピックを常時使い始めて5、6年。

いまだにベストなモノを探す旅は続いています。

 

正直どれをつけてもそれなりに弾けるんですけどもw

 

何十種類も試しながらベスト1を模索している中で、「これはダメ。 NO.1サムピックトーナメント敗退!」と放置されていたモノを数年ぶりに使ってみたら「お!これスムーズ!」となったり、よくわからなくなってきましたが(笑)

 

サムピックを模索してきた中で言えることは、どこに重点を置くかで求めるモノも変わるってことです。◯◯部門ならコレ、みたいな。

 

ということで、勝手に部門賞をお知らせ!笑

 

①サムピックを付けないスタイルの指弾きも併用する場合。

生の親指で弾く時と同じような角度や距離感で弾けるサムピックを探す。

あまりに生の時と差がある弾き方になるサムピックだと、外して弾く時、また生から装着した時、にしばらく違和感がある感じがします。慣れてくるとすぐに対応できるんですが、やはり最初は「自転車にサドルの高さが急に変わった?」って感じを受けるかとw。なので、生親指に近い感覚で弾けるものを使いましょうや。

 

「生指っぽく弾けるで賞こち

TAB サムピック TAB Special 2 TP115-MBL×GY (MEDIUM)

TAB サムピック TAB Special 2 TP115-MBL×GY (MEDIUM)

 

これは革命的な商品です。

①指のサイズが調節できる。ベルト式

②そのベルト部分がゴム。

③ゴムだから全然痛くない。そしてゴムだからズレない。

④ピック部分はスリット入り。

⑤スリットがあるから弦に当たっても「しなる」

⑥通常のサムピックの固い感じが皆無

f:id:musicmagic:20170224105222j:plain

生指っぽく弾けるで賞、に選出してますが(勝手に)、これは万能で色々使えます。

スリットの効果でストロークもしやすい!! 

まぁ一度使ってみて下さい。硬さはMIDIUMがオススメ。

 

このサムピックは、ブルース、ラグタイムのフィンガースタイル奏者として有名な内田十紀夫さん考案の品です。ご興味ある方はコチラを。

 

「軽快に弾けるで賞」

[rakuten:chuya-online:10139275:detail]

今、僕はコレ使ってます。(今の指の気分がコレ、ってことですかね。また変わるかもw)

これね、親指が弦に引っかからないんですよ。引っかからないってことはないか、でもスラスラと親指が動きます。速めのスリーフィンガーとか超楽に弾けます。

その理由は 

①よくあるサムピックより薄め(1mm)

ピッキング部分が若干細めで、非常に鋭角

③滑り止めがついてる(フィット感向上、衝撃を若干吸収)

 

サムピックを使うプレーヤー達は、実は買ったそのままの形状で使っていないことが多いんです。そのままでは固すぎたり、長すぎたりするので自分でカスタマイズします。

カスタマイズの中でも王道なのが、「爪ヤスリで先端を薄くする」。

これによって、弦への引っかかりも軽減されますし、重たすぎる音も調節できます。

しかし、このピックは上記①、②のおかげでこの作業をしなくても使えるんです!!!

 

1mmというのサムピックでは薄めなんでしょうが、普通のフラットピックだとheavyくらいです。このサムピックは先端細めなので、弦に当たるアタックも控えめ。ということで、ストロークも意外としやすい。うまく角度を使いこなせれば、ジャカジャカとストロークも、高速スリーフィンガーも、あったかアルペジオもこれ一つでいけます。

 

しかし、サムピックを使う目的はフィンガースタイル時の太い低音だ!!!

という方にはオススメできませんね。僕はこれで十分なんですけど。他の指で鳴らしてるバランスとも調和するし。

しかし、(2度目になりますが)サムピックを使う目的はフィンガースタイル時の太い低音だ!!!

という人にはオススメしません!笑

 

オールマイティーで賞」

 

 値段も標準的。

長さも短めなので加工しなくても使える。(するもよし)

適度に柔らかい。(上記のTAKAMINEほどではない)

音が温かい。

先端の薄さが扱いやすい。

フラットピックのような音が出しやすい。

 

ん?完璧じゃん?

もうコレでいいのでは??

と思うでしょうw

そうじゃないんだよな〜。

力をうまく抜けないとストロークの音がデカくなる。

僕には低音が大きすぎる。(僕には!ですよ)

疲れてきたからもう説明はしませんけど笑

でも、オススメなのは間違いない。一番長く使ってきたものです。

 

僕は30種類ほど試した結果、この3種類を気分で使っております!!

みなさんの色々試して下さい。

[rakuten:gakki-mori:10006415:detail]

 

 あ、これを深めに挿して(関節くらいまで)使うってやり方もオススメですw

ピック部分が5mmぐらいしか出なくなるので、指感覚で弾けるんす。

ま、番外編ですけど〜

 

オススメ サムピック 

編でした〜

 

 

 

有山じゅんじ ラグタイムの流儀~弦で紡ぐありやまな音楽~ [DVD]

有山じゅんじ ラグタイムの流儀~弦で紡ぐありやまな音楽~ [DVD]